• HOME
  • 中野浩志税理士ブログ

中野浩志税理士ブログ

2019年06月24日

立地かサービスか(チリ・オーストラリア旅行20)

 このホテルに対する総合評価は基本的には良いのだが、最大の難はその立地。立地だけが取り柄であったサンチアゴのホテルとは真逆であると言えよう。この立地orサービスの選択については、これまでの旅行でも何度か考えさせられたことがあったが、なかなか難しい問題である。 このホテルから中心部までは約2キロあり、中心部で夕食を済ませてこの2キロの道のりを歩いてホテルに帰るという日々が3日続いた。事前リサーチではホ



2019年06月21日

なぜなくなったのか(チリ・オーストラリア旅行19)

 約5時間半のフライトを終え、降機は私が一番乗り。初めての空港でこのパターンは結構困るのだが、イースター島の空港は非常に小さくて迷いようがないので、この点問題はなかった。だが、この後のサンチアゴ空港では問題があり、この点は後述したい。 まずは空港カウンターでイースター島の入場チケットを買おうとしたが、何と空港内のカウンターは廃止されたので、街中で買えとのこと。ほぼ100%が観光客であり、かつその全



2019年06月20日

予想通りの混雑(チリ・オーストラリア旅行18)

 早朝出発のためにホテルで朝食を取れなかったため、空港内でハム卵サンド(千ペソ)を買って搭乗ゲート前のベンチに座って食べた。ちなみに、サンチアゴ空港国内線ターミナルには残念ながら航空会社ラウンジは存在せず、これも事前にネットで確認済であった。 しばらくすると観光客が次々とゲート前に集まってきたが、日本人比率は私の予想を遥かに上回っており(私の隣席も日本人であった)、そしてやはり中国人観光客も相当数



2019年06月19日

入島カード?(チリ・オーストラリア旅行17)

 この入島カードに関する英訳を確認すると、ホテルの予約確認書が必要である旨が記載されている。私は出発前、この「予約確認書」の範囲が非常に気になり、ホテル側に問合せた。 具体的には、予約代行会社が発行する確認書レベルで良いのか、或いは宿泊ホテルが直接発行する確認書まで要求されるのかという点である。一般的に考えれば前者で十分であると考えられるが、国によっては後者のみ有効であるケースも実際に存在するので



2019年06月18日

入島カード?(チリ・オーストラリア旅行16)

 チリ2日目となるこの日は6時にホテル出発。時差ボケのせいか、夜中に何度も目が覚めたため調子は今一つであったが、イースター島に向かうべく空港バスに6時10分に乗車し、6時40分には空港に到着した。 イースター島はチリ領であり、本来であれば国内線なのだが、なぜか国際線ターミナルでチェックイン手続きを進めることになっている。しかし、出発ゲートは国内線というこれだけでも複雑であるのだが、2019年4月時



●ブログを全てご覧いただきたい方は足立区の税理士 中野浩志税理士ブログまで


ページトップへ

税務・記帳のご相談はお気軽にご連絡ください。お問い合わせ

よくあるご質問

税理士ブログ