• HOME
  • 中野浩志税理士ブログ

中野浩志税理士ブログ

2018年05月25日

朝のお土産騒動(ラオス・ベトナム旅行71)

 最終日となるこの日は、朝6時前に起床。早起きの理由は、ホテル内部の写真を撮りたかったからである。日中に写真を取ると他のゲストが写ってしまうなど諸々好ましくないことから、できる限り早朝の誰もいない時間帯を選ぶこととしている。 一通りの館内散策を終えて1階のレストランに行くと、やはり私が最初のゲストであった。料理の品数はそれほど多いわけでもないが、ハム・チーズ類が充実していたことに加えて、マンゴー系



2018年05月24日

最後のブンチャー(ラオス・ベトナム旅行70)

 ベトナム最後の夕食は、ハノイを代表するブンチャーの有名店で取った。有名店とは言いながらも、支店であるためなのか店内は閑散としており、18時前とは言え私以外に2組の観光客が居るだけであった。 料金は、ブンチャー(6万)+春巻き(3万)+サイゴンビール(2万)=11万ドン(約550円)。ハノイ大教会前に立地する食堂のブンチャーが3.5万ドンであったので、6万ドンは相当強気であるが、これは有名店である



2018年05月22日

不明瞭なチップ相場(ラオス・ベトナム旅行69)

 最初に訪れた日本語の看板がある店は、2時間先まで予約で一杯とのこと。次に訪れた店は複数のガイドブックで紹介されている有名店であり、こちらは幸いにも予約なしで入ることができた。 フット+ボディの合計2時間コースで料金は28万ドン(約1,400円)。料金的に決して割高ではないことに加え、施術レベルは完璧であり、正直言ってラオスの比ではない。施術時間が10分程度少なかったことが唯一の不満であるが、これ



2018年05月21日

行って良かった(ラオス・ベトナム旅行68)

 ハノイ大教会からホアロー収容所までは徒歩15分程度。大通りを幾つか横断する必要があるため若干難儀したが、間合いを見計らって素早く動いたので問題はなかった。 ホアロー収容所(入場料は3万ドン=約150円)は、私が午前中に訪れた2つの博物館に比べれば敷地面積は小さかったように思えるが、にもかかわらず多くの見学者で非常に混雑しており、特に欧米人観光客が多かった。 収容所の外観は美しい黄色で、知らない人



2018年05月19日

もう1か所行くかどうか(ラオス・ベトナム旅行67)

 昼食後は、ホアンキエム湖上に浮かぶ「玉山祠」を見学。朱色の橋や祠内に展示される大亀は印象に残っているが、一度行けば十分というスポットであろう。 続いてホアンキエム湖を約半周し、さらに数分歩いてハノイ大教会に到着。教会周辺は観光客で賑わっており、彼ら目当てのバイタクや各種店舗が立ち並ぶ非常にツーリスティックなスポットであった。ちなみに、この日の夕方に私はこの通り沿いのマッサージ店に行くのだが、その



●ブログを全てご覧いただきたい方は足立区の税理士 中野浩志税理士ブログまで


ページトップへ

税務・記帳のご相談はお気軽にご連絡ください。お問い合わせ

よくあるご質問

税理士ブログ