• HOME
  • 中野浩志税理士ブログ

中野浩志税理士ブログ

2020年02月20日

インド人との絡み(インド・シンガポール旅行28)

 インド人のフレンドリーさや無邪気さについては、これまでも何度か触れてきたが、この帰路でもその典型的な場面に遭遇した。それはアンデーリー駅で私がラッシュ時の鉄道やプラットホームの写真を撮っていた時のことである。 前述の通り、この時間帯のアンデーリー駅の混雑ぶりは凄まじく、それは日本のラッシュアワーを上回るほどであり、旅の記念としてこの光景を何枚か写真に収めたいと考え、シャッターチャンスを狙っていた



2020年02月19日

最初の難関(インド・シンガポール旅行27)

 タクシーで直接空港に向かうという選択肢以外で想定していた移動方法としては、チャーチゲート駅から鉄道でアンデーリー駅まで移動し、そこからメトロ又はバスで空港まで移動するというもの。時間と体力に余裕があり、かつその複雑な移動に興味を惹かれたことから、空港までダイレクトにタクシーで向かうという選択肢は自然消滅した。 まずはホテルからチャーチゲート駅までの交通手段である。この区間は既に1.5往復している



2020年02月18日

原因不明の閉鎖(インド・シンガポール旅行26)

 朝食後からチェックアウトまでの間はインド門を再訪することにした。8時過ぎは比較的空いており、前々日の日中とは異なり敷地内に入るために並ぶことはない。だが、形式だけのセキュリティチェックを超えて、中に入ろうとするもゲートはバリケードで閉鎖されていた。しかも、敷地内には多くの観光客がいるにもかかわらずである。 周囲のインド人同士のやりとりを見る限りでは、この日はこのエリアで何らかのイベントがあり、ど



2020年02月17日

忘れられたオムレツ(インド・シンガポール旅行25)

 早くもインド最終日となるこの日は、4時半過ぎに起床。なぜかその後約2時間眠れず、やむなく6時半にベッドから起き上がり、7時ジャストに朝食会場入りした。 このホテルの朝食では、オムレツやマサーラドーサなど幾つかの料理を個別にオーダーできる。前日は誰も注文を取りに来なかったので特にオーダーはしなかったが、この日は席に案内されるとすぐに何かオーダーするか?と聞かれたので、いつも通りオムレツ(ハム・チー



2020年02月15日

海外で和食?(インド・シンガポール旅行24)

 店の雰囲気としては、過度に和のテーストが出ているという感じではなかったが、お洒落で落ち着いた空間であった。 まず「ドリンクは水で良いか?」と聞かれてYESと答えたが、最後の段階でこの水が有料であることが判明。しかもその料金は約500ルピーである。ラベルには「富士」と書かれていたので、日本から輸入した富士の天然水なのだろうか。いずれにしても500ルピーは、この日訪れたスラムで働く人の月収に近い。ち



●ブログを全てご覧いただきたい方は足立区の税理士 中野浩志税理士ブログまで


ページトップへ