1. HOME
  2. ニュース
  3. 国外扶養親族に対する扶養控除

NEWS

お知らせ

国外扶養親族に対する扶養控除

平成27年度税制改正の一つとして、「国外居住親族に係る扶養控除等の適用の厳格化」がある。

 本件は、平成28年1月以後に支払を受けるべき給与等について、非居住者である親族に係る扶養控除等の適用を受けようとする場合には、親族関係書類及び送金関係書類を給与支払者に対して提示又は提出しなければならないというものである。

 従前は、上記2点に係る事項が必ずしも明瞭ではない状況下において扶養控除等の適用が行われていた実態に鑑み、今後は海外の親族を控除対象扶養親族等とする場合、その者が本当に親族であるのか、或いは実態として扶養事実はあるのか、といった点について客観的に証明することが求められる。

 具体的には、親族関係書類として戸籍の附票の写しや国等が発行した書類など、送金関係書類としては金融機関やクレジットカード発行会社の書類又はその写しなどの提示・提出がそれぞれ求められる。該当する給与支払者・給与所得者については十分留意する必要があろう。

 

 平成27年度税制改正の一つとして、「国外居住親族に係る扶養控除等の適用の厳格化」がある。

 本件は、平成28年1月以後に支払を受けるべき給与等について、非居住者である親族に係る扶養控除等の適用を受けようとする場合には、「親族関係書類」及び「送金関係書類」を給与支払者に対して提示又は提出しなければならないというものである。

 従前は、上記2点に係る事項が必ずしも明瞭ではない状況下において扶養控除等の適用が行われていた実態に鑑み、今後は海外の親族を控除対象扶養親族等とする場合、その者が本当に親族であるのか、或いは実態として扶養事実はあるのか、といった点について客観的に証明することが求められる。

 具体的には、親族関係書類として戸籍の附票の写しや国等が発行した書類など、送金関係書類としては金融機関やクレジットカード発行会社の書類又はその写しなどの提示・提出がそれぞれ求められる。該当する給与支払者・給与所得者については十分留意する必要があろう。


最新記事

料金プラン(法人)

料金プラン(個人)

料金プラン(法人・個人)