topics 新着情報

2019.07.10

葛飾区が今後の事業内容を明らかにした「後期実施計画」を策定

 葛飾区は先般、今後4年間の具体的な事業内容を年次計画として明らかにする「後期実施計画」を策定した。  
 同区では既に、葛飾区基本構想で掲げられた区の将来像や基本目標を実現するため、「葛飾区基本計画」を策定しており、「夢と誇りあるふるさと葛飾の実現」を基本理念としてその実現に向けた取り組みを進めているが、中期実施計画の推進状況を踏まえ、社会経済状況や人口構造の変化など新たな行政課題等に対応するため、今般後期実施計画として取りまとめを行ったもの。  
 計画では、上記の基本計画期間中に定めた〇劼匹發元気に育ち、豊かな人間力を育む環境づくり、健康でともに支えあい、いきいき暮らせる地域社会づくり、住み続けたいと思える、安全・安心なまちづくり、こ訃の良さを活かした、魅力と活力あふれるまちづくり、ザ萍韻箸箸發肪曚、人にやさしく住みよいまちづくり、の5つの課題をベースとして、A)葛飾区版ネウボラの推進(「ネウボラ」とは、妊娠期から出産、子供の就学前までの間、母子とその家族を支援する目的で地方自治体が設置・運営する拠点)、B)自助・共助・公助による災害対応力の強化、C)地域包括ケアシステムの深化・推進、D)子育て環境の充実、などを重要プロジェクトとして推進していくこととしている。  
 なお、詳細については葛飾区のホームページ参照。

足立区の中野浩志税理士事務所

 


ページトップへ