topics 新着情報

2018.10.18

転倒防止工事への助成制度を拡充(足立区)

 足立区は、今年10月1日から家具や塀などの転倒防止工事への助成制度を拡充する。
 大きな地震が発生すると、タンスや食器棚などが倒れたり、或いは窓ガラスなどが割れて地面に降り注いだりするなど、身近にあるものが凶器に変わる恐れがある。また、道路に面した塀が倒壊することにより、避難や救助が困難になることも想定される。こうした状況を踏まえて同区では、家具などの転倒防止器具などの取付工事費等に対する既存の助成措置を大幅に拡充する。  
 助成対象工事は、_閥馘の転倒防止工事、道路に面した建物の窓ガラス、又は家具等の窓ガラスに飛散防止フィルムを貼る工事 、F始に面したブロック塀の倒壊を防止するための補強工事。拡充後の助成額は、,鉢△砲弔い討肋絽贈桔円、は同10万円であり、60歳以上の者を含む世帯など一定の条件を満たす場合に適用を受けることができる。
 なお、詳細については足立区のホームページ参照。

足立区の中野浩志税理士事務所

 

税務・記帳のご相談はお気軽にご連絡ください。お問い合わせ

よくあるご質問

税理士ブログ


ページトップへ