topics 新着情報

2017.12.09

伝統工芸品展を開催(足立区他)

 足立区などは、12月16日(土)〜17日(日)の2日間に亘り、「第28回足立伝統工芸品展」を開催する。
 本イベントは、足立区の風土及び生活の中で受け継がれてきた伝統工芸品を広く紹介することにより工芸品に対する理解を深めるとともに、販路拡大や生産現場における後継者の確保に資することなどを目的として、同区や伝統工芸振興会などが主催するもの。長い歴史と風土の中で育まれ受け継がれてきた伝統工芸品を一堂に集め、展示即売や製作体験などを行う。  
 展示即売では、仏教の伝来と共に始まったと言われ、繊細・流麗・清楚を作風とする 「江戸木彫刻」や、金・銀・銅やそれらの合金を鋼鉄製の鏨を用いて丹念に彫り、様々な模様を描き出す「東京彫金(ちょうきん)」、江戸時代中期には根付け・髪飾りなどが作られ、武士から町人まで多くの人々に愛用された「江戸象牙」などが予定されている。また、指輪の模様付けや寄せ木花立については、製作体験も実施。所要時間は20〜30分で参加費は2千円(税込)。
  なお、詳細については足立区のホームページ参照。

足立区の中野浩志税理士事務所

 

税務・記帳のご相談はお気軽にご連絡ください。お問い合わせ

よくあるご質問

税理士ブログ


ページトップへ